治験コーディネーターとは!?新薬開発と被験者&調整機関のコーディネーター!


新しい薬を開発した場合にはそれを試す必要があります。

 

 

まずは動物を対象として非臨床試験を実施して開発した薬の有効性や副作用などを調べます。
そこで効果や安全を確認出来た場合に実際に人で臨床試験を実施する事になります。

 

 

実際に人に開発した新薬を試す事を「治験」と呼びます。
その治験をするのに新薬を試す被験者や新薬を開発する製薬会社、その他治験に関わる医療機関や関係機関をサポート、調整、コーディネートするのが「治験コーディネーター」です!

 

 

治験コーディネーターで働いている人の元の職業の多くは看護師、薬剤師、臨床検査技師、さらに管理栄養士と病院での勤務経験がある人が多いのも特徴です。詳細は「治験コーディネーターに資格は必要ない」で説明しています。

 

 

 

 

被験者の獲得&サポートがCRCの重要任務!


治験コーディネーター(CRC)のメインの仕事とも言えるのが実際に被験者になってくれる人のサポートです。
新薬を試す事で少なからず不安になっている事が多いです。その不安を相談役として解消するのが大切な治験コーディネーターの仕事です。

 

 

 

さらに、治験の書類にもサインを頂かなければ実施する事が出来ません。それをサポートするのも治験コーディネーターの仕事です。
さらに、被験者が確保出来ない場合には、被験者獲得の為に医師への援助をお願いしたり、募集の張り紙を作り病院内に貼ったり、患者データから選んで治験を受ける被験者として申し込みなども行う事があります。

 

 

被験者の獲得&サポートが重要な仕事になってきます。医療スタッフと言うよりはサラリーマンの営業的な仕事になるわけです。
治験コーディネーターの仕事内容の詳細は「治験コーディネーターの仕事内容&仕事の流れ」で説明していますので参考にしてください。

トップ/看護師から治験コーディネーターになる方法
治験コーディネーターの求人がある就職サイト