国もサポートする将来性が高い治験コーディネーター!国家資格になる前に!


治験コーディネーターは新薬誕生のサポートを担う重要な職種です。
新薬開発を担う製薬会社と人への実験である「治験」を実施する病院の間の連携を取りスムーズに治験が行われるようにするのが治験コーディネーターです。

 

 

また、日本も治験の促進計画を発表しており、厚生労働省は文部科学省とともに2「全国治験活性化3ヵ年計画」、「新たな治験活性化5ヵ年計画」、「臨床研究・治験活性化5ヵ年計画 2012」などを次々と発表しています。

 

 

 

これらの計画では治験の為の被験者の人材確保や治験コストの適正化、治験の実施する実施体制の整備、開発が困難な分野への開発の強化、さらに人材確保についても記載されています。

 

 

製薬会社や病院のみならず、国が治験の促進を謳っている以上、今後、治験は需要が高まり、その中で最も重要なサポート役を担う「治験コーディネーター」の需要も高まっていく事が予想出来ます。

 

 

 

 

今後は治験コーディネーターの国家資格が誕生する可能性もある!


現在は治験コーディネーターになる為の資格はありません。
その為に、臨床経験が多い看護師を筆頭に、薬剤師、臨床検査技師、さらには病院に勤めている管理栄養士も治験コーディネーター(CRC)に転職するケースが増えています。

 

 

 

しかし、国が計画を上げて治験業務の活性化を謳っている事により、今後治験コーディネーターの役割はより重要視されていくはずです。
現在では国家資格がない治験コーディネーターですが、今後近いうちに「治験コーディネーターの国家資格」が誕生して、その国家資格保有者でないと仕事が出来なくなる可能性もあります。

 

 

 

 

 

CRCの仕事に興味があるなら今働く事にメリットがある!


福祉の世界でもあったようにすでに無資格でも働いている場合は後から国家資格が出来た場合その資格を持たなくても職を離れずに済みます。

 

 

治験コーディネーターですでに働いている場合は万が一、治験コーディネーター(CRC)用の新たな国家資格が出来た場合に必ず取得する必要はありませんが、現在、治験コーディネーターとして働いていない場合は今後、CRCの国家資格が誕生した場合、その資格保有者のみの仕事になる可能性も有り得ます。

 

 

 

少しでも治験コーディネーター(CRC)に興味がある場合は、経験をする意味でも治験コーディネーターとして働いてみるのも1つの方法です!国が促進している重要業務でありながら、国家資格が無く、無資格で働ける現在の治験コーディネーター(CRC)のうちに働いてみてはいかがでしょうか!

トップ/看護師から治験コーディネーターになる方法
治験コーディネーターの求人がある就職サイト