チェック!治験コーディネーター(CRC)の給料は1000万以上も!


治験コーディネーターの求人をチェックしてみると分かるのですが、治験コーディネーターの求人に記載されている給与、年収などは病院によって大きく異なります。

 

 

治験コーディネーターの仕事自体、人気の仕事ですが絶対数が少ない職種の為、給与については病院によって考え方、捉え方に幅があるようです。

 

 

最低年収では確認しているところ300万程度で、最高年収については1100万程度です。
病院に主眼が研究にあるような大学病院の場合だと平均して治験についての重要性を高く評価している為に、大学病院のほうが一般的な総合病院よりも治験コーディネーターの給与は高い傾向にあるようです。

 

 

それでも治験コーディネーターの給与(年収)の平均を出すとすると治験コーディネーターの仕事が未経験の場合は400万前後で、経験者の場合が500万前後とみて良いでしょう!

 

 

当然、平均なので、医療系の資格の保有の有無や病院や「治験施設支援機関(SMO)」の所在地にも左右されるでしょう。
その中でも給与に大きく関わってくるのが保有している国家資格です。

 

 

 

 

元職業が薬剤師が高額!次いで看護師が高額のCRCの給与情報!


治験コーディネーターの給与は保有している国家資格によっても大きく変わる点があります。
平均的に最も高額なのは薬剤師です。

 

 

 

次いで看護師国家資格保有者、次に臨床検査技師の資格保有者、その後に准看護士や管理栄養士などの順になります。
治験はどうしても新薬に関わる仕事の為に薬剤師は重宝されるようです。

 

 

 

また、未経験で治験コーディネーターの仕事に就いても治験業務を1人で担うようなレベルになれば年収も大幅にアップするようです。

 

 

 

 

 

病院CRCと治験施設支援機関(SMO)CRCでは待遇面に違いが出る!


治験コーディネーター(CRC)は病院に直接採用されるケースと治験施設支援機関(SMO)の民間企業に採用されてから医療機関へと派遣されるケースの2パターンがあります。

 

 

 

メインの治験の仕事内容は大きくは変わる事はありませんが、待遇面では大きな違いが出るようです。
病院に直接採用されるケースの場合は、残業が少なく、日勤のみで有給も取得しやすいケースが多いのに対して、企業に採用されて病院などに派遣されるケースの場合は、残業や休日出勤が多かったり、企業によっては手当が無いケースも多いようです。

 

 

 

また、企業は利益重視で動くので病院でのCRCの仕事以外での雑用や営業活動なども空いた時間や休みなどを利用して実施していく企業も多いようです。

 

 

トップ/看護師から治験コーディネーターになる方法
治験コーディネーターの求人がある就職サイト