治験コーディネーターには既婚子供有りの看護師経験者が多いのは理由がある!


新薬の開発の為のサポートである「治験の仕事」には被験者になる患者との信頼性や医師のサポートも必要になります。
病院などでの臨床経験が全くない人よりは臨床経験が豊富な人がこの仕事を担う事で治験から新薬誕生へのサポート率が向上します。

 

 

 

実際に治験コーディネーターとして働いている人の多くは臨床経験がある看護師や薬剤師、臨床検査技師が多くを占めます。
その中でも特に看護師からの転職率は多いのが特徴です。
看護師は夜勤や残業、又女性の中の人間関係など体力的にも精神的にも強くないと務まらない仕事です。

 

 

 

しかし、看護師の多くは女性であり、女性の場合は結婚をすると子供を産む為に出産をします。
そして子供が出来ると子育ても兼ねる為に夜勤の仕事は難しくなるのが現状です。

 

 

 

 

このような生活環境から日勤のみで残業も少ない治験コーディネーター(CRC)は看護師の転職先として人気が高いのです。
特に既婚で子供有りの元看護師がCRCに多いのもこの生活環境が関係しているのです。

 

 

 

 

看護師時代よりも稼げる可能性がある治験コーディネーター!


看護師は通常の仕事よりも給与、年収は高いほうにあります。それは基本的な給与の他に夜勤や残業の手当が含まれているからです。
日勤のみの仕事が基本で残業もほとんど無いケースが多い治験コーディネーター(CRC)になる事で給与は下がる事が現状でしょう。

 

 

 

しかし、看護師と違って治験コーディネーター(CRC)は夜勤や残業で稼ぐのではなくてスキル自体で稼ぐ傾向がある為に勤続年数が長くなり治験の業務をほぼ1人で任せれるようになるとその給与や年収は看護師よりも上回るケースが多いです。

 

 

 

特に被験者面談時にうまくサポートする事で同意書にサインを貰える回数が増えたり、被験者を探す業務にしても病院内の患者データから即座に探せるようになると医者がわざわざ被験者を紹介する手間も省ける為に逸材として見られる傾向があり、給与もどんどん上がっていきます。
大学病院やSMOなど治験を重要視する機関の場合は年収で1000万以上の治験コーディネーターとして働いている人も少なくありません。

 

 

 

看護師として以前働いていた経験がある看護師国家資格を保有している人は治験コーディネーターの職種も視野に入れてみてはどうでしょうか?現在は治験コーディネーターになる為の特別な国家資格はありませんが、この職種が一般化する時代になれば国家資格が誕生するかも知れません!看護師の資格を持っているなら「今」がチャンスではないでしょうか!

 

 

 

 

治験コーディネーターの求人は大手の看護師転職サイトに求人があります。
気になる場合はお住まいの地域の近くに治験コーディネーター(CRC)求人がないかチェックしてみてくださいね!

トップ/看護師から治験コーディネーターになる方法
治験コーディネーターの求人がある就職サイト