治験コーディネーターになるには資格が必要無い!しかし病院での経験はプラスになる!


治験コーディネーター(CRC)は非常に人気が高い職種です。
しかし、まだまだ新しい職種の為に、CRCの為の資格はありません。

 

 

実際に治験コーディネーターとして働いている人は元々医療機関での実務経験がある人がほとんどです。
治験コーディネーターは病院内で勤務したいた人がそのまま職種変更で治験コーディネータ(CRC)になる事が多かったようです。

 

 

 

 

実際に治験コーディネーターとして働いている人の資格は医療系の資格である!


実際に治験コーディネーターとして働いている人は絶対持っている資格などは無いにしても、そのほとんどが資格保有者です。
特に多いのが、看護師の国家資格を保有している人や薬剤師資格、臨床検査技師の資格などの保有者です。

 

 

 

これらの人は病院で看護師や薬剤師、臨床検査技師として働いているうちに、治験コーディネーターの枠が空いてそこへ移動した人達が多いからです。そのような人達で治験コーディネーターは担ってきていました。最近では病院で働いている管理栄養士などからCRCへの転職をするケースも目立っています。

 

 

 

その為に、外部に求人として治験コーディネーター求人を公開する時の条件としては病院での経験を重視する傾向があります。
治験コーディネーターとして働くには無くてはならない資格はありませんが、病院やクリニックなどの医療機関での何かしらの職種での実務経験は
あったほうが良いでしょう!

 

 

 

 

 

CRC認定資格は取っておいて損はない!


治験コーディネーター(CRC)に資格は必要ありませんが、実際の仕事内容の専門性から日本SMO協会や日本臨床薬理学会、SMONA、SoCRAなどが実地する「CRC認定資格」があります。

 

 

この「CRC認定資格」を採用条件に提示している病院や企業(SMO)などは少ないですが、持っていれば持っていない人よりはプラスに働くことは間違いないでしょう!

 

 

抜粋!各団体が行っているCRCの認定制度
  • 日本SMO協会公認CRC制度
  • 日本臨床薬理学会認定CRC制度
  • SMONA認定CRC制度

 

トップ/看護師から治験コーディネーターになる方法
治験コーディネーターの求人がある就職サイト