確認!治験コーディネーターの仕事内容&仕事の流れ


治験コーディネーターの仕事は病院内のスタッフでも完全に把握していない人も多いです。
治験コーディネーターの仕事内容として一言で言うと「新薬開発の補助」です。

 

 

新しい薬を作るのに、最終的には必ず人間で試す必要があります。それが「治験」です。
新薬を作る為には欠かせない人への実験です。その実験を被験者に試してもらう事を全体的にサポートする役割が治験コーディネーターです!

 

製薬会社が新薬を開発して、それを治験や臨床検査を受託する機関(CRO)、実施に治験を実施する病院などの医療機関、モニタリングを担う臨床開発モニター(CRA)や実際に新薬を試す人間(被験者)などを円滑にサポートしていく事が「治験コーディネーターの仕事内容」です。

 

 

 

 

チェック!治験コーディネーターの仕事の流れ


新薬会社が新薬を開発した後に臨床開発モニター(CRA)により説明会や勉強会が実施されます。
そこで新薬の情報を完全に把握する必要があります。

 

 

そしてから治験コーディネーターとしての仕事のスタートです!
以下大まかな流れを示しています!

 

 

使用する資料作成

関連する医療機関とのミーティングに使用する資料&被験者への説明資料の作成

 

 

 

実施する治験に適合する被験者を探す

広告を利用して被験者を募集する方法や治験に合った患者を医師から紹介してもらう方法、又は病院内の患者データを検索して適合者を見つける方法の3パターンが一般的です。

 

 

 

被験者面談の実施

決まった被験者に対して薬事法で定められている説明責任があり、被験者が理解するまで繰り返しの面談が必要です。
ここで心がける事は被験者の不安と心配を取り除いてあげる事です!最終的に同意書にサインを頂く必要があります。

 

 

 

スケジュールフォロー

被験者になってくれた人の心のケアの為の相談、服薬などのスケジュールをフォローする必要があります。

 

 

 

奨励報告書の作成

新薬の治験の結果の報告をまとめた資料を作成します。

 

 

 

この他にも治験者になってくれた人への治験費用の支払いや関係機関とのその都度の連絡などの仕事もあります。
この過程をくぐって使用が可能となった新薬については自分がこの薬を世の中に提供したと言えるくらいの誇りが芽生えているはずですね!

トップ/看護師から治験コーディネーターになる方法
治験コーディネーターの求人がある就職サイト